忍者ブログ
We are always supporting U !
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
応援ボード
関連記事 投名状にて, WSにて


クリックで拡大↑

・LINK先を変更
・A4サイズ(約370KB)JPG画像

できれば縁なし印刷してみてください。
管理人紹介
HN:
俳優・金城武さんを応援する会
性別:
女性
自己紹介:

管理人
chobi♪
にゃお。
ひとやすみ
てん



Don't hesitate to contact us
if you want^^
Our e-mail address is
as follows:
最新コメント
[12/18 まーちゃん]
[12/02 titichan]
[10/11 まき]
[10/11 miruku]
[10/11 てん]
[10/12 ひとやすみ]
[10/11 う~ろん☆]
[03/17 田中舞]
[03/15 田中舞]
[03/15 田中舞]
media
アイスバケツチャレンジ

【喜歡你】
2017/04/28 中国公開 2017/05/05 台湾公開


【摆渡人】
2016/12/23 中国公開 2016/12/29 台湾公開


【太平輪】
2014/12/2 中国公開 2014/12/5 台湾公開


「捜査官X」(原題:武侠)
★2012年4月21日公開

★第7回大阪アジアン映画祭
クロージング上映(3/18)

「捜査官X」公式HP



公式Twitter
武 侠
2011年7月4日公開
7月22日台湾 公開

ピーターチャン監督作品

台湾【武侠



甲上娯楽Blog
【レッドクリフ】 赤壁
日本公式サイト


【ウォーロード】
第27回香港電影金像奨
8部門受賞作品

関連記事【こちら】

【K-20 怪人二十面相・伝】


【SweetRain 死神の精度】
【国内リンク】
LINK
This website is link free.



Pleas use the above banner
for your convenience..
カウンター
アクセス解析

携帯閲覧用バーコード
フリーエリア
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ台湾でも2月27日に、
「K-20 怪人二十面相・傳」が公開になります!

それに先駆けて『武を応援しに、台湾へ行きたいのですが、
イベントの情報などは、どうやって知ることができますか?
もしくは、どうやったら武に会えますか?』
という
お問い合わせのメールを頂きました。

つまりは、いつも"私達"は、どうしてるの?という問いだと思いますが、
同じようなお気持ちをお持ちの方は多いと思いましたので、
私の回答を(個人的な部分など、一部変更して)公開してみようと思います^^


(*゚∀゚)っ☆。.:*


「K20」に関して言えば、日本映画は、台湾からすると外国映画になります。

なので、通常は「赤壁」であったような、盛大なイベントはないと思われます。
もちろん、一般的な話として、出演俳優が、プロモーションの為に、
メディアの取材を受けたり、雑誌などに広告の為に記事を載せたり、
その為に渡台と言うことは、あると思いますが、
その方法は、映画を買った配給会社とそのタレントさんの事務所によって
変わるように思います。

日本映画に拘わらず、一般的にイベントをするとして、その日時ですが、
中国(含・台湾)の場合(日本の感覚と比較すると)

間際に決まる事が多いように思います。

記者会見など、マスコミに対してのイベントであれば、
いつも呼ばれるメンバーも決まっているでしょうし、
情報を前もって公にする必要もないだろうと思われます。
もちろん、配給会社に問い合わせても、教えてもらえません。

また中華系イベントの常として、例え、一旦決定しても、
当日になって予定が変更されることもあります。

その様な情報管理の仕方は、主催者側に立ってみれば、
ファンが押し寄せる事を防ぐ為にも仕方のないことです。

「赤壁1」のように、配給会社が沢山の人に来てもらいたいと
企画するようなイベントであれば、前もって、
配給会社の管理するサイトなどに告知が出ます。

通常、私達は(中華系の映画の場合に限りますが)過去の経験則によって、

公開日がこの日なら、この辺でイベントが行われるだろう、
という風に、見込みを立てます。


自分たちの仕事などの調節も、前もってしなければいけないので、
その辺も含めて、

実は一種の賭けです…;;

ホテルや飛行機の手配も間際です。
場所や時間は、現地に行ってから、勘を頼りに目星をつけて探します。

もちろん、武ちゃんやスタッフの方に、ご迷惑になるような
行動はできないので(嫌われたくないですしぃ~…)
 ←ここ、大事★!
本当に、こそこそと…笑。。
まさしく運と縁に頼ってる、綱渡りようなのが現状です。。
万一、目論見が外れても、開き直って、
十分に、台湾旅行を楽しんで来ることができますしネ^^


(*゚∀゚)っ☆。.:*


日本の常識が海外では違っている事が往々にしてありますが、
例えば、台湾に限って言えば、"前売りチケット"というのは
余り一般的ではなく、しかし前もってペアで買うと
かなり豪華なプレゼントがついている、などのサービスがあったり、
それがネット予約でも、そのプレゼントが大きい為に、
郵送ではなく現地受取だったり…。
日本とは違った視点や合理性で動いているので、
面白いなぁと思う時がよくあります。
それから、日本の映画館に必ずあるパンフレットが、台湾には、ない!
代わりに、雑誌などで別冊特集などが組まれていたり、
豪華な写真集を兼ねたメイキング本が出ていたり。

中華映画であれば、日本で言う舞台挨拶のようなものが、
行けば誰にでも見れるオープンな形で行われる事も多く、
実際のプレミア上映の会場には、専用のチケットがなければ入れませんが、
その中で特別な挨拶は行われなかったり。
(赤壁1や、如果愛、などがそうでした。)

そんな訳で、私達に、特別のコネがある訳でもなんでもないので、
誰かしら、武に遭遇できているのは、本当に幸運だと思います

思い切って、台湾へ行ってイベントに参加してみて良かったことは、
現地のファンの方と交流が出来るようになった事ですね!
それから、日本と台湾でのイベントの行われ方の違いがあることに気づいたり、
武ちゃんは、やっぱり大スターだわぁ、と実感したり。。


(*゚∀゚)っ☆。.:*


う~ん、ご参考になりましたでしょうか。
他にも、「台湾の歩き方」で、何かご存じの方がいらっしゃいましたら、
レスをつけて頂ければ、皆の参考になると思います^^

字がイッパイで、読みにくくてスミマセン。。

(by にゃお。)



拍手[0回]

PR
 AERA ! 
11月3日号、早いところはもう発売されているようですね。
(地方は相変わらず、、連休を挟みますので、もう少し後です

とても素敵なインタビュー記事だったようで、
たくさんの迷さんから、感激した、というメールをいただきました。

あさかぜさんが、「武ニュースDairy」に書かれているように、
感激のメールがAERA編集部に届くと、
もしかしてもしかしたら・・・ですね!

「ただし普通に」

はい。そうします。笑


ちなみに・・・

AERAのサイトにコメント用フォームがあります。→こちら

(編集部のアドレスは aera@asahi.com のようです。)



拍手[0回]


レッドクリフの公開まであと3日!

ずいぶん待ったような気がしますが、
あっという間ですね~。。。

大ヒットの予感

きっとこの作品が、「俳優・金城武」の代表作になるような
そんな気がします。


そして、そんな中、
ROBOTさんのブログでお知らせがあったように、

「K-20怪人二十面相」の完成披露試写会

の詳細も、まもなく公開になりますね。

こちらも楽しみで仕方ありません。



さて、、【雑誌】たちですが、いったい何冊購入したでしょう。。
まだ読めていないものもありますし、
手元にないものも、、、ふ~~っ。

そして、来週発売(11月3日)の【AERA】ですが、
武ちゃんのインタビューが掲載されます!

内容は・・・きっと・・・おそらく。。(笑)

「武迷のみんながずっと聞きたかったこと

こちらも楽しみですね!!

by chobi

拍手[0回]

行ってまいりました~、はるばる福岡から


グリーンカーペットと、
そして幸運にも「オープニング上映」にも参加することができました。


あちこちでもレポートを見せていただきましたが、
この目で見た武ちゃんは本当に素敵でした。


で、せっかく参加したのですから、、
他のレポやメディアでは見られない、武ちゃんの様子と、
参加された武迷さんたちの様子を
ちょこっとお伝えしようと思います。(いや、長々と?)


まず、他のファンサイトの皆さんとも相談し、、、
陣取った場所は、グリーンカーペットのスタート地点に近い、
少し坂を上ったところ。
(当日12時くらいからののんびりした陣取りでした 笑)

応援グッズは今回、みんなの持ち寄り。笑
ナイスアイデアばかりです!


まずは、、「ご存知」爆 「横断幕」 でかいです。


次に、拡大印刷した、たくさんのポスター


それから、、先日の試写会に行かれた迷さんのアイデア

「軍旗」<マラソンの応援??笑


みんながたくさん作ってきてくださったので、
みんなで1本ずつ持つことが出来ました。ありがとうございます。
相当目立ったんです。笑
(他の芸能人のみなさんも、みなさん、「なに?」って足を止めるんです)


そしてこれ!!


「孔明人形!!」 かわいい~~!!かわいすぎる~~
みんなで思いっきり写真取りまくりでした。

なんと!daidaimamaさんの手作りなんです!

これだけのグッズがそろいましたし、
総勢何名?相当な人数になっていましたので、
出したとたん、、、
メディアの取材攻撃にあいました。笑

私たちのグッズを借りて、記念撮影している、
海外メディアの方たちも。笑


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、準備は整いました。武ちゃんはというと・・・

みなさんご存知のように、
武ちゃんは、麻生さんと一緒に歩いてきました。
(写真は後ほど 笑)

車から降りたところははっきり見えたのですが、
全然歩き出す様子がない!!

そう!!麻生さん待ち、だったんです(泣)


そして、気がついたときには歩き出していて、麻生さんの真後ろに!!

「うそ!!武ちゃんあそこにいる!!!」

私たちが武ちゃんの居場所に気がついたのとほぼ同時に、
武ちゃんも私たちに気がついてくれました

満面の笑みです。
しっかりとグッズに目を向けて確認。笑ってます。
(↑私のデジカメ動画でその表情をキャッチ!)


そしてさらに「足を止める出来事が」


これです。↓


仲良し武迷、20代独身(爆)のsajiちゃんが、
なんと、胸に「レッドクリフロゴのボディペイント」を。

それに武ちゃんが気がついたんです!爆

私は真横にいたので、全部みてました~笑

ゆっくり歩きながら、こっちを見て、
目を凝らしながら「ん??」と言う表情。


その後笑ってました。

「うんうん、あ~ね~、了解」とうなずく武ちゃん

その表情を見て,私たちも爆笑。
生放送でも、「ん?」の表情は確認できたそうです。笑

すごくリラックスしてました。かわいい~~。
(ここでリラックスしすぎて、その後メディアの前で緊張したのかな?笑)


あまりに私たちのほうを見すぎて?、、、爆
麻生さんたちと間があきすぎてしまい、

「はっ」と気づいた武ちゃん、

隣のトニーさんを連れて、(背中を押してた)
小走りで立ち去っていきました。(ここもツボ)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

武ちゃんが通り過ぎたあと、
私たちは、アリーナ目指す組と、
オープニング上映目指す組に別れ、
「撤収!!」とばかりに、散ったのでした。

(アリーナチームは、レッドクリフご一向の挨拶、遠目ですが見れたそうです、良かった良かった。)

たくさんのメディアの前で見せていた、武ちゃんの表情とは、
また違った表情がたくさん見れた、今回のグリーンカーペット。

残念ながらご一緒できなかった皆さんには、
直前のあわただしさで、お声をかけることも出来ず、
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
この次はきっと!!
皆さんとご一緒できることを願っています。
ぜひ声をかけてくださいね~!待ってます。


最後に・・・
今回ご一緒できた、

愛ちゃんちのみなさん、daidaimamaはじめお仲間のみなさん、
あさかぜさん、先輩武迷の皆様、
現地で知り合った、また、はじめてお会いできた武迷の皆さん、
にゃお家のみなさん、ちろりん村の皆さん。

お疲れ様でした
お世話になりました。

そして、、

人生、、、こんなに必死で走ることは、
二度とないように、、、願ってます。爆


次は、、舞台挨拶での「武ちゃんのツボなしぐさ」レポをしますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

追記:

横断幕、特大ポスターたちですが。。。
係りの人に「すみません、はずしていただけますか?」と言われました。
でも、真っ先に取材に来たのは、
なんと!TIFFのチーム。笑

禁止といわれ片付けたところだったのに、
「出してほしい~」といわんばかりに、目で合図され・・笑

きれいに出して、「はい、ポーズ」
立ち去るときにスタッフの方が、、笑いながら、
「【とりあえず】今はしまっといたほうがいいよ~」にやり。
でした。笑

ま、カメラマンが来るたびに、、「出して」「しまって」
大変でしたけど、、楽しかったです~。笑
何より、武ちゃんにしっかり見てもらったことが









拍手[0回]

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright © 俳優 金城武。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]