忍者ブログ
We are always supporting U !
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
応援ボード
関連記事 投名状にて, WSにて


クリックで拡大↑

・LINK先を変更
・A4サイズ(約370KB)JPG画像

できれば縁なし印刷してみてください。
管理人紹介
HN:
俳優・金城武さんを応援する会
性別:
女性
自己紹介:

管理人
chobi♪
にゃお。
ひとやすみ
てん



Don't hesitate to contact us
if you want^^
Our e-mail address is
as follows:
最新コメント
[12/18 まーちゃん]
[12/02 titichan]
[10/11 まき]
[10/11 miruku]
[10/11 てん]
[10/12 ひとやすみ]
[10/11 う~ろん☆]
[03/17 田中舞]
[03/15 田中舞]
[03/15 田中舞]
media
アイスバケツチャレンジ

【喜歡你】
2017/04/28 中国公開 2017/05/05 台湾公開


【摆渡人】
2016/12/23 中国公開 2016/12/29 台湾公開


【太平輪】
2014/12/2 中国公開 2014/12/5 台湾公開


「捜査官X」(原題:武侠)
★2012年4月21日公開

★第7回大阪アジアン映画祭
クロージング上映(3/18)

「捜査官X」公式HP



公式Twitter
武 侠
2011年7月4日公開
7月22日台湾 公開

ピーターチャン監督作品

台湾【武侠



甲上娯楽Blog
【レッドクリフ】 赤壁
日本公式サイト


【ウォーロード】
第27回香港電影金像奨
8部門受賞作品

関連記事【こちら】

【K-20 怪人二十面相・伝】


【SweetRain 死神の精度】
【国内リンク】
LINK
This website is link free.



Pleas use the above banner
for your convenience..
カウンター
アクセス解析

携帯閲覧用バーコード
フリーエリア
祝!>>香港公開12月20日、台湾12月21日に正式公開!!<<
祝!>>台湾公開12月20日、香港12月21日に正式公開!!<<

現地では、正式公開の前にスポンサーなどによる先行ロードショウが
いくつかあったようです。
熱心なファンやマスコミなどが、先行上映へ出向き、
ネット上でも、いち早い感想の書き込みが出始めました。

*・'゜☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆

さーて、そう思ったのは、私だけかも?ですが…。

実は、当初、2006年12月15日三岸同時公開と告知があり、、
その後、香港が14日? 台湾は20日??…等々、間際になって
変更&諸説があり、結局、台湾では12月20日、香港では、
12月21日から正式公開となりました。

今回も、日本での公開を待ちきれず、海を渡るファンも多く、
かく言う私も、観光を兼ねて、現地でいち早く観たいと思った
ひとりです。
(でも、香港で観ようか、台湾で観ようか、なんていろいろ悩んだ挙句、
結局、私的事情で叶わず…涙。)
ですから、いつ公開されるのかがとても気になり、何度も現地の
新聞記事を確認しました。

ところが間際になって、くるくる変わる公開日に、ちょっとびっくり。
また、20日と変更の報道された後も「15日公開と書かれた予告編」が
ネット上で、そのまま使われいたりして「本当に、これでいいの?」
的感覚…。
いえ、その後、ちゃんと新しい日付のものも登場しましたけどね…、
きっと予告編を作り直して再配給する間もないほど、
本当に急遽変更になったのでしょうね。

*・'゜☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆

で、もうひとつ、目からウロコだったのが、
日本と台湾(香港・大陸はわからないですが)での、映画のチケット販売
システムの違いです。

日本の方ならご存知でしょうけど…(一応、海外向けに書いておくねw)
日本では、正式公開の大体数ヶ月くらい前から、"前売り券"を
売り出します。
細長くぺろっとした(笑)薄手の紙の券ですが、値段が公開後より、
ちょっとお安め。
それは、大概の場合、上映される映画館に、期間内に行けば簡単に
購入することが出来、配給側も必死になって(←多分w)前売り券を
販売しまくります。
なので、映画によっては、楽しいノベルティグッズ(ポストカードや
"ちょっとした"オマケ)が付いていたり、
買った側も、「さぁ、観るぞ!」という気合が入る。笑。
何より、公開後の窓口で手渡される鑑賞券(コンピュータなどの文字
しか書かれていない、ちっちゃな紙切れ)より、映画の柄の印刷された
半券が手に残るのが、観た"記念"になって嬉しいですよね^^

ところが、台湾の場合…ちょっとシステムが違う
(あ、国が違えば当たり前なのかもですが)
"前売り券"自体、ないわけじゃない。
でも購入場所がとても限られてたり、
ペアorトリプル・チケットだったりするんです。。

例えば、販売される場所は

 ①配給元の事務所内(笑) 
 ②出演俳優の興行会場(しかも配給会社の直販)
 ③ある映画館(全国各所、とかではなく、たった一箇所…w)
 ④ネット販売(しかーし! 後で送られてきた券を持って、
  指定場所まで行き、引き換え)

という具合。

しかもそれは映画によって(多分、配給会社によって?)違い、
前作「ウィンターソング」は①②③、
「傷城」は④のみ、と、決まっていない模様。
つまり、前売り券が、日本ほど簡単に入手できる様子ではないので、
余り一般的じゃないのかなぁ?

でも、その券は、葉書大のしっかりした紙で、とても綺麗です。
で、嬉しいことにペアorトリプル・チケットには、豪華なオマケが
ついている!!
例えば、畳大のデカ・ポスターだったり(「ウィンターソング」、
2つの柄から選べた。…これは見て興奮しました!)
カレンダーやらしっかり製本された特製ノートやら、Tシャツ
(「傷城」)やら…または、お守りやら特製グッズなど(他の映画)。
この値段でこれだけ頂いていいの~?みたいな豪華な内容なんです。
これにはビックリ。

でも、特定の映画館でなら、当日券を購入しても似たような素敵グッズが
もらえたりするし、何より、限られた場所でしか販売がないので、
わざわざ買いに行く人も少ないのかも。

そそ。
普通に考えてみれば…映画なんて劇場へ直接行って、上映してれば、
その時間に券を買って観ればいいんだよね。笑。
でも「前売り券制度」に慣れてる私達は、何だかないと安心できない?笑。

 だから、つい、台湾でも前売り情報を探したりしてしまい、
 だから"公開日"がとても気になり
  (ついでに飛行機のチケットも取らないといけないw)、
 だから、間際にコロッと変わってしまうなんて、

                 ちょっと信じられない~っ。

…あはは。

撮影の開始から1年後に公開、なーんて映画も普通にある中、
6月下旬にクランクインして、たった半年で公開だなんて、
なんてチャッチャとできちゃうの?(失礼!)なんて思ったりしたけど、
どうしてどうして。
直接現地へ見に行った友人から、興奮した土産話に、
やっぱり無理をしてでも行けばよかったかな?と後悔しました。あは。



さて、これは、うみさんからの頂き物です。

彼女は、香港でこの映画をごらんになったそうです。
で、この看板はバス停にあったポスターだそうですが、
「阿邦の彼女の彼(ややこしい)が交通事故に遭った車の爆破現場の
向かい側の」バス停@金鐘だそうです~~。

あ~、なんかリアルだ。
うみちゃん、ありがとう~~!!

(by にゃお。)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
(^_^;)
うみ
待ちきれなくて、海を渡ったうみで~す。
公開日間近の香港に到着したら、バス停、地下鉄構内と、行く先々でポスターが見られて、映画への期待がどんどん膨らみ、日本でもこんなふうにあちこちポスターを張ってくれたらどんなにうれしいかと思ったものでした。
ちょっと前、近くのバス停に「ナイト・ミュージアム」のポスターが張ってあるのを見つけ、ちょっと期待してしまったわぁ・・
ポスター攻撃、ぜひお願いしたいで~す。
2007/04/30(Mon)19:35:20 編集
公開日とチケット
にゃお。
公開日について、レインボーママさんからメールを頂きました。

香港公開は12月21日、台湾が12月20日だったそうです。
最初、この記事を書くに当たって、私が調べた時、
ネットの記事に22日となってるものもあったり、いろいろで、自分のメモに自信がなくなってしまったので、
とっさに書き換えてしまいました
なので、助かりました、ありがとうございます!!
記事内の日付も訂正しておきます。

レインボーママさん、いつもさりげなく気を配って下さっていて、
いつもありがとうございます~~^^
(ついでに香港でのチケットの買い方なども
今後の参考までに教えて頂けると幸いかも、です…とおねだりしてみるw)
ね?>うみちゃん。笑。

私事ですが…某日、チケットを買いに日比谷まで行きました。
表のポスター掲示板にはまだ「傷男」はなくて、
チケット販売所内に"ささやかな"掲示をみつけたのですが、
それでも、嬉しかったです~^^
2007/05/01(Tue)08:37:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[15] [10] [5] [14] [6] [19] [13] [7] [12] [11] [9]

Copyright © 俳優 金城武。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]