忍者ブログ
We are always supporting U !
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
応援ボード
関連記事 投名状にて, WSにて


クリックで拡大↑

・LINK先を変更
・A4サイズ(約370KB)JPG画像

できれば縁なし印刷してみてください。
管理人紹介
HN:
俳優・金城武さんを応援する会
性別:
女性
自己紹介:

管理人
chobi♪
にゃお。
ひとやすみ
てん



Don't hesitate to contact us
if you want^^
Our e-mail address is
as follows:
最新コメント
[12/18 まーちゃん]
[12/02 titichan]
[10/11 まき]
[10/11 miruku]
[10/11 てん]
[10/12 ひとやすみ]
[10/11 う~ろん☆]
[03/17 田中舞]
[03/15 田中舞]
[03/15 田中舞]
media
アイスバケツチャレンジ

【喜歡你】
2017/04/28 中国公開 2017/05/05 台湾公開


【摆渡人】
2016/12/23 中国公開 2016/12/29 台湾公開


【太平輪】
2014/12/2 中国公開 2014/12/5 台湾公開


「捜査官X」(原題:武侠)
★2012年4月21日公開

★第7回大阪アジアン映画祭
クロージング上映(3/18)

「捜査官X」公式HP



公式Twitter
武 侠
2011年7月4日公開
7月22日台湾 公開

ピーターチャン監督作品

台湾【武侠



甲上娯楽Blog
【レッドクリフ】 赤壁
日本公式サイト


【ウォーロード】
第27回香港電影金像奨
8部門受賞作品

関連記事【こちら】

【K-20 怪人二十面相・伝】


【SweetRain 死神の精度】
【国内リンク】
LINK
This website is link free.



Pleas use the above banner
for your convenience..
カウンター
アクセス解析

携帯閲覧用バーコード
フリーエリア
そろそろ中華圏での公開を控えたこの日、
私の、きっと、このあたりに台北プレミアをやるだろう、との
根拠のない大予想は見事裏切られ
武は、2人の監督と、チャップマン・トーさんとの4人チームで、
大陸・広州で行われた学生映画祭のゲストとして現われたのでした。

台北での盛大なプレミアを期待していた私には、とーーっても残念
もっとも、今回は、私用が重なり、飛んで行く余裕なんてなかったけど。
まぁ、先の台湾の「金馬奨」で、
あんなにセンセーショナルに登場したのだから(髭顔を初披露)、
今回は台湾は通過…で、仕方なかったのかもな、と自分に言い聞かせつつ、
だけど、だけど、、、ぁーぁ。。。

で。

そんな私を可哀想に思ったのか?笑
その後暫くして、現場の様子を詳細に教えてくれた人がありました。
残念ながら、彼らが会場で話していた内容は
言葉が聞き取れないので、半分以上??でしたが
("内容"は"あさかぜさん"の2006年12月18日付けの記事記事に詳しいです)
まずは臨場感!
新聞とは別の目線で、私なりにレポートしてみました^^

* * *

さて、会場は、どうやら階段式になった100人ほどが収容できる、
大き目の教室のようだ。
大物の登場とあって、会場は超満員、カメラなども多数あり、
まだ誰も来ていないのに、女子学生を中心に、期待感が充満してる。

女性司会者が登場し、開会を告げた。
4人のゲストの名前をひとりづつ読み上げる。
まず、アンドリュー・ラウ&アラン・マック両監督が登場、
続いて、司会者が「金城武」の名前を読み上げた時、
歓声は、悲鳴に近い、ひときわ高いものに変わった。
そして最後が、チャップマン・トー。
皆、学生のようなラフな格好をしている。
武は、黒いインナーに黒いジャケットを着、ブルーのジーンズ。
そして、最近、目に慣れて来た、髭づらだった。



全員が揃った所で、司会者に促され、登場順に、ひとりづつ短い挨拶をする。
「こんにちは、○○です」風の。…これは、私に聞き取れる限界値w
順にマイクが周り、3番目の武には、やはり一段と大きな歓声が上がる。
それを受けて4番目のチャップマン・トーは、真面目な顔をして
「金城武です」と挨拶、一同爆笑。
その後、彼は手のマイクを誰かに渡そうとして、5番目がいないので、
マイクのやり場に困った風をし、
司会者に渡そうにも、話中なので軽く無視され、
あちこち向けたり、の仕草が、皆の笑いを誘う。
そして、次の質疑応答の、回答者となったラウ監督へマイクを手渡し、
やっとほっとする(フリ)。

それから、学生からの質疑応答が始まる。
当然、監督への質問もあったが、
司会者から指名された質問者の何人かは、
「えっと、金城武さんにお伺いしたいのですけど」
アタシの空耳じゃないと思うよ、多分最初にそう言ってるw
で、先ほど「金城武」です、と自己紹介したチャップマン・トーが、
代わりに受けて喋り、司会者がフォローし、
その横で、当の武は苦笑したりしながら、結局は余り喋らず、
その後、質問が2、3つ終わると、会が終了。
4人は、縦に並んで、退場して行った。

実質5分くらい?
でも、見に来ていた人の気持ちが、すごく判る~~!
印象に残ったのは、チャップマン・トーが、場の雰囲気を読み、
場を上手く盛り上げるのが上手い人だな~と思ったのと、
武が自分を「ジン・チェン・ウー」と自己紹介し、
周りからは「たけしー!」ではなく、
「アニキー!」と声が掛かっていたこと。
学生が相手だったからか、こじんまりとした会だったからか、
公式記者会見や日本でのような緊張感はなくリラックスムード一杯。
また、普段日本では映画の中でしか知らない(私だけ?w)
香港の俳優さんの"素"の姿を垣間見れたのがヨカッタw

* * *

詳細については、当時の新聞記事をご参照下さい。

http://ent.sina.com.cn/m/f/2006-12-19/10341376709.html
http://ent.sina.com.cn/m/c/2006-12-19/09381376418.html
http://ent.sina.com.cn/m/c/2006-12-19/11141376719.html

(by にゃお。)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[10] [5] [14] [6] [19] [13] [7] [12] [11] [9] [4]

Copyright © 俳優 金城武。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]